海外の認知度

海外のビーファットは痩せ薬で有名なんです

Pocket

ビーファットには、オルリスタットという成分が含まれているのですが、この成分は、脂肪分解酵素「リパーゼ」の働きを抑え、体内に入ってきた脂肪を吸収させず体外に排出する効果があります。

いつもの食事をしながら痩せる事ができるという事で注目されており、海外では服用するのが当たり前のようになっていたりするらしいので、カロリー摂取が気になる方は、脂肪を排出する事ができるビーファットを服用して下さい。

ビーファットは医薬品ですが、日本では認可されていないとのことで、ドラッグストアでは販売されていません。

個人輸入、若しくは医療機関で処方してもらうという形になりますが、医療機関では重度の肥満の方にしか処方しないらしいので、肥満の度合いによって購入方法が変わるということになります。

食後に飲むだけで余分な油がどんどん出る

ビーファットは食事で摂取した油を排出するという働きですので、食事をしない時に服用するのはやめましょう。

痩せたいという理由で、食べないときも服用するという方もいらっしゃるみたいですが、排出する脂肪分がない場合は体に必要な物を排出してしまうというリスクもあり、貧血になってしまったり、肌が乾燥してしまうと言うような症状が出ますので、脂肪分の多い食事の後に服用するようにして下さい。
薬は正しく服用する事が大切ですので、しっかりと理解しましょう。

Pocket